まさきちボイス

鼻で笑ってくれるだけで、僕はうれしい。

「甘酸っぱい恋」をしたあの頃の気持ちを思い出してみよう!

どーもです!

まさきちです!

 

みなさんは

甘酸っぱい恋をしたことがありますか?

 

「甘酸っぱい恋」の説明が難しいのですが、

 

まだ、あなたの心に残っていて忘れられない「純粋な気持ちでした恋」のことです。

f:id:masakichi02:20170411184137j:plain

 

ニュアンスは伝わっただろうか?

僕のボキャブラリーではこれが限界です。

まぁ頭が良くて優しいみなさんならわかってくれるはず☆

 

 

誰にでも甘酸っぱい恋の思い出はあると思います。僕にだってあるんだから←

しかし思い出してもあの頃のように、胸がドキドキしてキュンキュンした甘酸っぱい気持ちを味わうことはできません。

 

 

・・ん?

 

 

・・・味わう?

 

 

 

つまり甘酸っぱいもの食べて思い出せばドキドキキュンキュンしてリアルに思いだせるんじゃないか?

 

 

ってことで、甘酸っぱい食材を考えてみます!

 

ガリ (生姜)

f:id:masakichi02:20170411171943j:plain

僕が「甘酸っぱい」 で真っ先に思い出す食材はこれだ。

 甘さも酸っぱさも同じぐらいのレベルで、バランスがいい!

 ガリには殺菌作用があり、なまものとの相性がいいです。だからお寿司屋さんにおいてあるんだね!

 しかしガリの見た目じゃ「恋」っぽさが足りない。

 

 

はちみつレモン 

f:id:masakichi02:20170411173037j:plain

 とても甘いハチミツと、とてもすっぱいレモンが生み出す味はちょっと刺激がつよい。高校生レベルの恋の味だ。

はちみつレモンって男子が部活やってて、女子マネジャーが作って来るのが定番ですよね。

そしてさ、部活終わって一緒に帰って、帰り道に勇気ふりしぼって告白したりするのね!

僕の経験ではありません。ただの妄想です。

 

 

いちご

f:id:masakichi02:20170411174344j:plain

 ほどよい甘酸っぱさで「恋」っぽさもででる!

 

「甘酸っぱい恋」の代名詞になってもいいんじゃないでしょうか?

 ギリシャ神話にもこんな話がある。愛と美の女神であるアプロディーテが涙を流し、その涙の雫が地面で赤いハートの形へと姿を変えます。これが苺の誕生した瞬間なんだって。

なんてロマンチックな食べ物なんだ!

 

 

まとめ 

みなさんも甘酸っぱい食べ物を食べて、昔した自分の恋を思い出してみてください!

今では忘れてしまった、ドキドキキュンキュンした気持がよみがえってくるはず!

 

 

・・・いやー、なんておバカな記事を書いたんでしょう。

まぁ、「人って恋をするとバカになる」っていいますもんね!

 甘酸っぱい恋した気持ちで書いてみました!

 

 

 

おわります

読んでくれてありがとうございました!