まさきちボイス

鼻で笑ってくれるだけで、僕はうれしい。

寝る時の姿勢【仰向け】【横向き】【うつ伏せ】のメリット・デメリットをまとめてみた

どーもです!

まさきちです!

 

およそ人生の時間の3分の1を占めると言われる睡眠

人生を80年と考えると、約27年!長いですね!

 

そんな長い時間のなか、みなさんはどのような姿勢で寝てますか?

大きく分けると仰向け、横向き、うつ伏せの3種類があります。

 

僕はもっぱら横向き派です。

 仰向け、うつ伏せでは絶対寝れません

 

その、睡眠中の寝る姿勢によって体にどんな影響があるのか気になったので、メリットデメリットを調べてまとめてみました。

 

仰向け

f:id:masakichi02:20170412182336j:plain

メリット

・全身への負担が少なくバランスの良い姿勢で寝れる

・血行が良くなり、血栓ができにくくなる

・手足を広げて寝るので体温が下がりやすく寝つきが良くなる

 

デメリット

・いびきをかきやすい

・睡眠時無呼吸症候群の危険性が一番高い姿勢

 

 

 

横向き

f:id:masakichi02:20170412162535j:plain

メリット

・いびきを軽減してくれる

・腹部への圧迫が少ないので、内臓に優しい

・肩こりや腰痛を緩和してくれる

 

デメリット

・片方を下にして寝るため、体の歪みができやすい

・体が腕を圧迫すると、動かないぐらいシビれていることがある

・バランスよく寝返りをしないと、顔のシワ・たるみにつながる

 

 

うつ伏せ

f:id:masakichi02:20170412162604j:plain

メリット

いびきを軽減してくれる

腹式呼吸がしやすいので、睡眠の質が高くなる

・リラックス効果がある

 

デメリット

・首を横にして寝るので頚椎(けいつい)に悪い

・起床時に顔に跡が残りやすい

・顎関節や歯並びに悪影響を及ぼす

 

 

まとめ

 メリット・デメリットをまとめてみましたが、人って睡眠中に何度も寝返りするのでずっと同じ姿勢で寝てるわけではありませんよね。しかし、入眠するまでの姿勢であっても毎日少しずつ体に影響を及ぼしているのです。

 

寝る時の姿勢って昔からの習慣で決まっていて、他の姿勢じゃなかなか寝れないし、いつもの姿勢の方が落ち着いて寝れますよね!

健康面での影響を考え「自分の睡眠時の姿勢を変えたい!」 って人は少しずつ変えていくことをオススメします。

 

 

 

おわります

読んでくれてありがとうございました!